シミ・そばかすに非常に効果的と人気のホワイピュア。

でも、ここまで効くと言われると逆に副作用が怖いという人もいると思います。

ホワイピュアには、副作用はあるのでしょうか?

ホワイピュアに副作用はある?

ホワイピュアに副作用はある?

結論を言うと、ホワイピュアは医薬品のため、副作用の可能性はあります。

化粧品とは違って、「医薬品」というのは効果・効能が厚生労働省によってきっちり証明されている代わりに、副作用のリスクもあります。

世の中の医薬品は、全て副作用があるんです。

では、ホワイピュアはどんな副作用があるのでしょうか?

副作用はどんなもの?

ホワイピュアには次のような副作用の可能性があります。

発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘

もし、これらの症状が出るようであれば、すぐにホワイピュアの使用を停止し、医師に相談するようにしましょう。

白髪になるってホント?

ホワイピュアには、白髪になるという噂もありますが、これも可能性は否定できません。

ホワイピュアにはL-システインという成分が含まれており、これはシミの原因であるメラニンの生成を防ぐものになります。

しかし、このメラニンというものはシミだけではなく、髪の色素着色にも働きがあるため、長期的にホワイピュアを飲み続けた場合、白髪になってしまう可能性もゼロではありません。

ただし、髪のサイクルは一般的に4年〜6年と言われているので、数ヶ月の摂取では影響力は低いと考えられます。

ホワイピュアは副作用のリスクは低い

ホワイピュアは、副作用のリスクはゼロではありませんが、とても低いです。

医薬品は次のように区別されていますが、ホワイピュアは第3類医薬品という種類に分けられます。

①要指導医薬品
②第1類医薬品
③指定第2類医薬品
④第2類医薬品
⑤第3類医薬品

これは副作用のリスクが高い順に並べられていて、一番上の要指導医薬品が一番リスクが高く、一番下の第3類医薬品が一番リスクが低いものになります。

このように、ホワイピュアは医薬品の中でも副作用のリスクが一番低い「第3類医薬品」なので、そこまで過度に心配する必要はありません。

妊娠中や授乳中でも栄養補給としてホワイピュアは推奨されており、赤ちゃんにも影響なく飲めるほどの安全性がありますので、基本的にはかなり安全です。

口コミでも副作用に関するものはほとんどないのも、ホワイピュアの安全さを物語っていますね。

 

口コミについて詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。
→【効果ない理由】ホワイピュアの口コミで分かる意外な真実とは?

 

ホワイピュアの最安値はいくらか知りたい人はこちらから
→【楽天・Amazonは大損?】ホワイピュアの最安値はココ!