お肌のシミとそばかすに悩んでいる人に効果的にアプローチしてくれるという医薬品、ホワイピュア。

そんなホワイピュアが肝斑に効くという噂がありますが、本当でしょうか?

成分などを検証し、真相を解明しました。

ホワイピュアで肝斑が改善する?

調査した結論を言うと、ホワイピュアでの肝斑の改善は難しいと言わざるおえません。

その理由を詳しくお話します。

ホワイピュアが肝斑に効かない理由

まず、肝斑と通常のシミの違いについて理解しておきましょう。

通常のシミの原因

通常のシミは、紫外線などによるメラニンの生成が原因です。

メラニンの色素が皮膚上に浮き出てくるのがシミになります。

これを改善するには、原因であるメラニンの生成を抑えることが一般的な改善方法です。

肝斑の原因

肝斑は30代からの方がなりやすいとされています。

肝斑はシミの一種ではありますが、他のシミとは少し特徴が違っていて、メラニンだけじゃなく、女性ホルモンのバランスの崩れが原因とも言われています。

この肝斑を改善するにはトラネキサム酸という成分が有効です。

ホワイピュアは肝斑に有効なトラネキサム酸が入っていない

このトラネキサム酸は、皮膚科で肝斑の治療をする際にも使われている成分になります。

でも実はこのトラネキサム酸、ホワイピュアには一切配合されていないんです。

 

つまり、ホワイピュアが肝斑に効かない理由は、肝斑に有効なトラネキサム酸がが入っていないということです。

 

これだと、いくらホワイピュアを飲んだとしても肝斑の解消は絶望的ですね。

肝斑を改善するためにはどうすればいい?

では、肝斑を改善するにはどうすれば良いでしょうか?

大きく分けると2パターンあります。

①トラネキサム酸が入った市販薬を飲む
②皮膚科へ行く

それぞれ一つずつみていきましょう。

①トラネキサム酸が入った市販薬を飲む

まずはトラネキサム酸が配合された市販薬を飲んでみるということです。

例えば、トランシーノIIという市販薬であれば、肝斑の有効成分であるトラネキサム酸が配合されています。
(トランシーノIIは医薬品ですが、薬局などで購入することができます)

こういったものを継続的に飲むことによって、肝斑の解消が見込めるという訳です。

②皮膚科へ行く

もうひとつは皮膚科に行くということです。

そうすれば、初診料などはかかるかもしれませんが適切な処置をしてくれます。

肝斑を改善したいのであれば、このどちらかを選択することになるでしょう。

肝斑でなければホワイピュア!最安値を知りたい方はこちら